紫 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[Edit]
お仕立て上がり八寸名古屋帯-京紫織(国産品)-No.008お仕立て上がり八寸名古屋帯-京紫織(国産品)-No.008オススメ度:★★★★★

やさしい色合いの紫地にレースの名古屋帯です。
洋服のような着物コーディネートに活躍しそう。

夏の名古屋帯、サイズや素材など さらに詳しい情報≫


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[Edit]
通常価格 262,500円●特別処分…王府の美布!本場首里花倉織特選九寸名古屋帯「紫の星花」(夏・単・袷に。)通常価格 262,500円●特別処分…王府の美布!本場首里花倉織特選九寸名古屋帯「紫の星花」(夏・単・袷に。)
絹100% 長さ3.6m
経済産業大臣指定伝統的工芸品の証紙、沖縄県織物検査済之証、那覇伝統織物事業共同組合之証、沖縄県伝統工芸品之証がついております。

製造者:比嘉瑠美子 
染色:植物・化学染料
独特の透かし織りが施されております。
真冬以外のオールシーズンにお締めいただけ(カラー芯仕立てがおすすめ)、また単や盛夏用でしたら白芯で涼やかさを出していただいても良いかと思います。
◆お太鼓柄が多いなか、たっぷりと六通柄が施された手の込んだ創作品です。
◆特別処分価格になりました!!

首里花倉織、首里花織、首里道屯織、首里絣、花織手巾、首里ミンサー。琉球各地で見出されたすばらしい染織文化は、王府のある首里へと運び伝えられ、土着の在郷らしい意匠から、王家や士族の着用にふさわしい、より洗練された意匠へと進化していきました。
もともと花倉織は、琉球の王家専用の、格式を誇る夏衣のことでした。花のかたちを浮かびあがらせるとともに…部分的に糸の密度を変えることで、生地に透け感を演出するのがその特徴。

珍しい藤紫色地には、アメジストのような気高さが漂って。なかなかないお色地に、ご覧いただけますでしょうか、お太鼓だけでなく贅沢にも六通にわたり、繊細な透かし織が施されております。
浮き織りには、白やはなだ、白茶、蘇芳などの色糸が用いられました。すっと通された縦方向のラインには、やわらかな玉子色がアクセントになって。
全体として見事に調和しつつもそれぞれの色彩が活かされた…まさに、珠玉の仕上がりと言えましょう。数ある花織の中でも、最も優美かつ洗練されているのが首里花織。
伝統的で骨太な読谷山に、進取の気性に富んだ南風原、彩りの美しさや織りの細かさを特長とする与那国…それぞれにそれぞれの良さがございますが、実際的なご着用を考えてのお品でしたらやはり、現代に通じるハイセンスをもった首里花織が一番です。

高度な技を要する織りものです。手にしていただければ、ひと目でおわかりいただけましょう。
織り手の技と、首里花倉織だけが持つ独特の尊さ、気高さ、美しさ。しとやかな色彩の中に垣間見える…複雑な花綜絖と杼を通す難しさ、織り手の誠実さや根気強さ。さらりとハイセンスに、洗練された帯姿をいきいきと。
小紋や織りのおきものとのコーディネートに、またそのしなやかな表情は、お洒落着としての色無地にも良いかもしれません。
夏の名古屋帯、さらに詳しい情報はコチラ≫


[RSS] [Admin] [NewEntry]

[Edit]
※送料無料※お稽古着や普段着ちょっと和服を楽しみたい時全通 羅織りの落ち着いた夏名古屋帯(o1807)   10P08522※送料無料※お稽古着や普段着ちょっと和服を楽しみたい時全通 羅織りの落ち着いた夏名古屋帯(o1807)   10P08522
<商品内容詳細>長さ369cm巾30.5cm
正絹渋めの紫に大小の幾何学柄が洒落た雰囲気をかもし出しています。
夏帯は5月中旬から8月までお使い頂けます。
夏の名古屋帯、さらに詳しい情報はコチラ≫


[RSS] [Admin] [NewEntry]

[Edit]
通常価格 81,900円<単衣に!夏に!>山城機業店謹製特選手びき真綿紬八寸名古屋帯「観世水」藤通常価格 81,900円<単衣に!夏に!>山城機業店謹製特選手びき真綿紬八寸名古屋帯「観世水」藤
絹100% 長さ3.6m
西陣織工業組合証紙No216 
山城機業店謹製

山城機業店といえば、能装束唐織の大御所として知られております。確かな織物を創作する老舗として絶大な信頼を置かれている機屋です。
今回ご紹介いたしますのは、山城機業店には、珍しい涼感のある素敵な紬八寸帯です。
手びき真綿紬?製糸と違い、直接繭を切り開き、方形に引き延ばした真綿を、全て手作業で指先で撚りながら、気の遠くなるような作業を通じて糸にしたものです。
涼感漂う藤色の帯地。ハリのあるしっかりとした紬地に、流麗に舞う観世水模様。
ゆるやかな流れに水色や白緑、ベージュの彩が柔らかに馴染んで広がるように…細部まで計算されつくした仕上がりは手織りならではのあたたかみある風合いに守られ、比類なきおしゃれな味わいを語りかける逸品です。

飽きのこない豊かな表情は、しゃれもの好きにはたまらないひと品です。
夏、単衣の時期に贅沢な一本としてお役立ていただければ幸いでございます。
西陣の名門が織り成す涼やかなしゃれ帯。個性がキラリと光る、一歩差のつく逸品でございます。めったとない山城機業店br>夏の名古屋帯、さらに詳しい情報はコチラ≫


[RSS] [Admin] [NewEntry]

[Edit]
 ≪花麗し…極上の、夏物…!!≫【工芸キモノ野口】特選絽地刺繍九寸名古屋帯「撫子に百合」 ≪花麗し…極上の、夏物…!!≫【工芸キモノ野口】特選絽地刺繍九寸名古屋帯「撫子に百合」
絹100% 長さ(未仕立ての状態で)約4.8m
白生地には、純国産夏物高級ブランド「小熊」の特選絽地を用いております。
きもの好きのバイブルともいえる「美しいキモノ」、「きものサロン」の2大誌。【創作 野口】の文字…これは!と思うお品の隣に誇らしげに添えられたその名を数えてゆくと、ほしいものリストがいっぱいになってしまいそうなほど、2誌でもその作品が多く掲載されております。
きもの研究家・森田空美さんの推奨される染め物の多くが野口さんのお品ですので、その繊細なタッチに見覚えのある方も多くいらっしゃることと思います。
ただ、その掲載数とは逆に、ご紹介できる機会となりますと…室町を毎日周っておりましても、野口さんのお品出会うことは、皆無です。

さらり、肌の上をつかず、離れずのしなやかな絽地。厳選した特選生地を、落ち着いた深みあるお色に染め上げました。濃い葡萄茶と黒柿の丁度中間点。
こっくりとして深みのある色彩は光の加減で複雑に表情を変えます。
その濃地に、コントラスト美しく表現された意匠は百合に撫子。
水分を含んだ肉厚の百合の花弁を、透明感を感じさせるオフホワイトと薄水の色糸の刺繍で縁取る事で、花のゴージャスなボリュームと静謐な雰囲気を演出致しました。

正統派古典を踏襲しながら、それでいて決して飽きることのないその深み。
創作性の高さに定評ある野口さんだからこそのものと言えましょう。

夏の色無地から付け下げ、小紋、織りのおきものにまで。合わせるおきものの幅も広く、本当に様々なお席にお楽しみいただけます。
夏の名古屋帯、さらに詳しい情報はコチラ≫


[RSS] [Admin] [NewEntry]

[Edit]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。